シミのできにくい安定した肌環境のために

シミのできにくい安定した肌環境のために

水分と油分の調節ができており血流の流れのよい安定した肌環境がシミとくすみから肌を守ることは周知の通りです。そこには精神的な安らぎが重要不可欠です。

 

行きすぎた喜怒哀楽は活性酸素を生み出し、シミのある肌へと導いてしまうのです。とはいえども私たちは誰でも急な出来事に心が揺さぶられて興奮した状態になることがあります。深呼吸したり心を鎮めようと努力しますが、神経性の鎮静作用のある精油の助けを借りると即効性があります。

 

まず日常に取り入れやすい方法は入浴方法ですね。

 

実は睡眠不足は、予期せぬ事態のあとにパニックを引き起こしてしまいやすいものです。そこで、就寝前の入浴にはリラックス、リフレッシュすることができる入浴剤を用いてみましょう。入浴剤のレシピは次の通りです。スキムミルク大さじ2にペパーミントとローマンカモミールの精油を各1〜2滴加えておきます。

 

これを40度前後のお湯に加えて軽くかき混ぜておきましょう。

 

柔らかいミルク風呂に入ることで副交感神経が作用して良質な眠りを得ることにもつながります。顔も洗えばスキンケア効果もありますね。このように神経性の疲労を鎮静させることで、精神的な安定を図ればスキンケア同様の効果も得られることになるのです。

 

 

 

シミの大敵突然の感情の起伏に対してのスキンケアの応急処置

激しい喜怒哀楽のメンタルがシミにも影響することは周知されています。穏やかな心持ちを継続させることが美しい肌へ導くコツです。でも外出先やふとした瞬間に予想外の事態が起きた時、人はパニックに陥るものです。それは社会が信用で成り立っているのですから、信用を裏切られたような気分になりますよね。

 

すると、動くと思っていたものが動かないのですからパニックになるのです。例えば、飛行機の離陸、着陸時間が遅れた場合など、仕事に多大な影響を及ぼす事態が発生してしまいます。そんなとき、飛行機の中でも行えるスキンケアがあります。

 

本来は洗面器のお湯にスイートオレンジと乳香(フランキンセンス)をたらしておき、フェイスタオルをつけます。精油入り水につけたタオルを固く絞り、患部におきます。

 

ほのかな精油の香りが心身ともに癒しの効果を提供します。洗面器のない環境でもタオルに直接精油をたらしてから水で絞ると準備ができます。どうしてもタオルを濡らせない時は香りだけでも嗅ぐと香りの成分が脳に届き副交感神経の働きを期待することができます。

 

ほんの一時のスキンケアもシミ予防には大切だということです。もちろん常に平常心を保つことも意味があります。