ビーグレンとシミウスの違い。

ビーグレンとシミウスの違い。

シミを改善したい時に、美白クリームを塗るという対処をすることができますが、美白クリームにも様々なものがあります。
中でも有名なのが「ビーグレン」と「シミウス」です。

 

ビーグレンは、最新のテクノロジーである「QuSome」を使っており、肌の奥にまで美容成分を浸透させることを目的にしています。

 

大きな違いが主成分で、美白に効果的なシミのメラニン色素を生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素を生成するメラノサイトをそのものに働きかけて減少させる効果があります。

 

つまりシミに対して根本的にアプローチしていくことが可能です。

 

対して、コスパの良さと効果の高さから人気なのがシミウスです。

 

シミに対して効果的な成分として、プラセンタやシコンエキスなどが含まれています。これらの成分はメラニン色素に対しての効果としては、チロシナーゼのはたらきを抑える効果や活性酸素除去作用によってメラニン色素の生成を予防します。

 

また、肌のターンオーバーを整えることで、メラニン色素の排出を促します。

 

ビーグレンの成分であるハイドロキノンは効果が高い分だけ、刺激が強い成分になります。

 

シミウスは、その点刺激の少ないプラセンタなどを配合しています。

 

自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。